♥聖剣アルティメットソード

♥聖剣アルティメットソード (対面・Skype)(遠隔/時間指定あり)


対面セッション

♡40~50分 46440円(ゴールドエンライトメント付き)

こちらの対面の場所は大阪になります

東京対面セッションはリクエストいただいた方を優先的にご連絡させていただきます。

→東京対面セッションをリクエストする

→ご感想


遠隔ワーク(時間指定あり)

♡24840円(ゴールドエンライトメント付き)

遠隔にて施術いたします。10:00-15:00もしくは21:00-22:30の間でご希望日時を第3希望までお知らせください。時間確定後ご連絡いたします。

例)第1希望5/4、10:00、第2希望5/6、21:00、第3希望5/8、13:00


→「聖剣アルティメットソード遠隔ワーク」に申し込む

→「聖剣アルティメットソードセッション」に申し込む



[ワーク構築及び伝授者] フリーダムディスティニー創始者 平野あや

[ワーク提供者] primavera スピリチュアルティーチャーMai




フリーダムディスティニーホームページより引用


事の始まりは、シャスタでした。

様々なライトワークを行っている最中

同行している仲間が疲労してきた様子を見て

わたし自身も、人間のエネルギーを使えないほどに

疲れ果てていたので

これは、癒しが必要だと思ったわたしは

龍を呼んだり、宇宙船を呼んだり、シリウスのチームや

プレアデスのチームなどを呼んだりして

その場の仲間と共に、癒しを受け取っていました。

その時、最後に、そう言えばと思って

銀河神界を呼ぶことにしました。

呼びましたら、日本神界が来てくださり

癒しを送ってくださったのですが

同時に、わたしは、新たな仕事の命を頂いたのです。

それは、スサノオノミコトからの依頼でした。

その次の日、わたしは、スサノオノミコトに

助けていただきながら、仕事をしました。

天羽々斬剣を貸してもらって

シャスタの山の下にある黒い蠢めくものを解き放ち

山を切って、更に下にある、古のレムリアの

宇宙的愛を目覚めさせるという

お仕事を無事終えることができたのです。

黒い蠢くもの。それは、八岐大蛇でした。

八岐大蛇はどんなものかというと

よくある絵の通り、べたっと張り付いていて

下から上にゆらゆらと蠢く宇宙的な存在で

古代の人は、これを八岐大蛇と呼んでいたのだと解ったのです。

このことは、まるでおとぎ話のようなお話でしたので

他言せずに、ひっそりと自分の中にしまっていました。

ところが、日本に帰ってきて

多くの方の体調が冴えない状態であった事について

多次元的に網羅しながら、様子を伺っていくと

多次元スポットに何かいます。

今まで持っていた、多次元的な歪み症状を

改善するアイテムを持っている人にも

それは起こっていました。

つまり、今まで持っている人では

どうにもならなかったのです。

わたしは、目を疑いました。

何故なら、人の多次元スポットにいたのは

シャスタの山の下にいた、あの八岐大蛇だったからです。

どうして、八岐大蛇が人の多次元スポットに

入り込んでいるのか。人間のわたしの頭は大混乱しましたが

目の前に現れる人のほとんどの人の多次元スポットに

多かれ少なかれ八岐大蛇が入っていました。

その後、わたしは、スサノオノミコトとクシナダヒメから

花びらをいただき、そのアイテムや宇宙的錬金術で

剣がより光やすく、切れやすいように改良していき

4体切るのに、30分近くかかっていたところを、5~6分で

5体切れるようにまでなりました。来る日も来る日も

見飽きるくらいに八岐大蛇を切り続け、今までにおよそ

150人以上の多次元スポットの状態回復を行い

600体以上、八岐大蛇を人間の多次元スポットから

追放しました。

八岐大蛇に、人間のような命や魂は存在しません。

アセンションのために、宇宙が開いたことによって

人間への干渉の扉も開いたために

虚無と言われる宇宙の影響を受けたと思われます。

また、この八岐大蛇ですが

オリオンの綱と同一でもありました。

旧約聖書「ヨブ記」第38章31節には

次のような一説があります。

「あなたは、プレアデスの鎖を結ぶことができるか。 オリオンの綱を解くことができるか。」

旧約聖書に書かれている謎めいた一節。

オリオンの綱とは、ある意味

人間がオリオンの影響を受けて

ずっと持っていたものとも言えます。

オリオンの綱とは

オリオンからの影響として

人間の虚無的な強欲として発動します。

自分の本当の望みでもないのに

恐れから守るために貪るように恐怖によって欲する

虚無的な強欲は、あらゆる時代の、あらゆる戦争の

引き金にもなっています。

自分のために、望む。

自分の喜びのために、生きる。

こうした、その人本人の命の望みと真逆であるのが虚無的な強欲、オリオンの綱なのです。

自分のために、望む。

自分の喜びのために、生きることが、生であるとするならば

オリオンの綱は生きながらにしての死の状態とも言えます。

八岐大蛇=オリオンの綱

このように捉えると

ここ最近の地球と宇宙のアセンションにおいて

オリオンの綱が実体化し、多次元スポットに

現れて、体調や精神に影響を与えるほどに

なってきたという捉え方も出来ます。


症状としては、以下の通りです。

☆身体が怠い

☆肩が凝る

☆眠れない

☆モヤモヤする

☆目の奥がもやったり霞む

☆ゾンビ的になる。(冷たくなる)

☆やりたいことに対して、手がつかない。

症状を改善すると、以下の通りになります。

☆体調や精神状態が良好になる。

☆『自分を取り戻した』という感覚がわかる。つまり、取られる前には気づけていない。

☆自分が乗っ取られていたことに気づく。

☆ゾンビのように、生きていなかったということに気づく。

☆魂、丹田やソーラープレクサスの辺りからの喜びや温度を取り戻す。


引用ここまで



←メニューにもどる

Primavera

魂の願いを現実化し 女性として幸せへと導く メッセージ